完璧主義者はかっこいいよ。憧れがある【#388.Completion】

zukisuzuki

妥協記録

完璧主義者はかっこいい。

自分にはできないからこそ、憧れがある。

ちなみに自分は”完璧主義”とは対極の”妥協主義”である。

「自分が思う完璧は、人にとっての完璧ではない」

「自分が思う完璧よりも遥かにレベルの高い『上』がゴロゴロといる」

と思い知ったときから”妥協主義”である。

完璧

完璧主義をあきらめたときから、妥協主義に変わった。

ここでいう「妥協」とは、

現時点の自己ベストを探求するということである。

いまのスキルとアイデアで「完璧」を求めたところで、

トップになれるか、圧倒的な存在になれるか、唯一無二になれるか、

どれかひとつでも当てはまらないのなら、

興味が湧かない。

それなら、

「もっとできるのではないか?」という選択肢を捨て去って、

「いまの実力ではこんなもんだろう」という道を選ぶ。

「いまの実力ではこんなもんだろう」という妥協と、

「とりあえずやってみよう」という挑戦を繰り返していくうちに、

「いまなら出来るのではないか?」という選択肢が生まれてくる。

「いまなら出来るのではないか?」と立ち止まる回数を増やすために、

「いまの実力ではこんなもんだろう」という妥協と、

「とりあえずやってみよう」という挑戦を、

繰り返していると言っても、いい。

とりあえずやってみようという気持ちで書いた記事はこちら【お前の歌詞は恥ずかしい zukisuzuki | note】

Completion(2019)

  • コンセプトは”完了”
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • リズムマシン【Gritty Funk GB】【Steely Beats GB】
  • シンセサイザー【Crystalline Rhythms】【Metallic Fireflies】【Echolocation Synth】【Shimmering Harmonics】
  • シンセベース【Deep Sub Bass】

Update

【#548.Papaver Rhoeas】アナーキーな世界だ