向井さん【#40.NUM-AMI-DABUTZ(NUMBER GIRL COVER)】

zukisuzuki

妥協記録

SAPPUKEIを聴いた時から、

明らかに曲作りの趣味趣向が変わる。

開放弦を駆使したマイナーセブンスコードも、

予定調和で終わらない曲展開も、

暴力的なシャウトのかっこよさも、

フィードバックを大幅カットしたショートディレイも、

同じ歌詞フレーズの使い回しも、

ストップアンドゴーのキメも、

テレキャスターのピックアップセンター使いも、全部、向井さんの影響。

全部、向井さんの影響。

Number Girl – TATTOOあり
 Number Girlとの出会いは、「TATTOOあり」

身体くたばる前に、命振り絞って、声を捻り出すこの感じ。

シャウト後の、そのメロがまたなんとも人懐っこい。

向井秀徳が語るバンドマンの本音 「モテたい」

解散後、15歳の俺は、ナンバーガール映像集「NUMBER GIRL」の、「NUMBER GIRLを映像で思い出す」を繰り返し繰り返し見続ける。

ライブ映像、オフショットを中心とした、結成から解散までのバンドヒストリーを収録したドキュメンタリー映像。これを繰り返し見ていなければ、ここまで影響を受けたかはわからない。

Number Girl – SASU-YOU
タワーレコードでのライブ映像。スペースシャワーTVのライブ番組「ライブファントム」をよく観ていた。
Number Girl – Machigai
一番好きな曲と言われたら、そう言われると特にないのだけれど、隠れた名曲としては「MACHIGAI」を推す。

向井コードと言われる”オレ押さえ”。

“オレ押さえ” の秘密

NUM-AMI-DABUTZ(NUMBER GIRL COVER)

NUMBER GIRL – NUM-AMI-DABUTZ(COVER)

Memo

NUMBER GIRL – NUM-AMI-DABUTZ 
原曲はこちら。最後のマイクをちゃんと直すシーンは今見てもインパクトある。

カバーはNUM-AMI-DABUTZのリリックにメロをつけたらというテーマで制作。

2コード、ベースリフで引っ張る原型はほぼそのまま。

Update

【#213.Confirmation】解約手続きが面倒だというだけで