心のシャッターをガラッと閉じる【#204.Stunned】

zukisuzuki

妥協記録

アルバイト先でお客さんに怒られることがよくあった。

商品不良によるクレームだ。

お客さんの話を聞き、

不備を確認したら頭を下げて謝罪をする。

この一連の流れ。

1年間働き続けていれば年に何回か起こる。

これは仕方のないことだ。

シャッター

自分がやらかしたわけではないのに、

肩代わりで激怒されることがよくあった。

そして代わりに謝罪をする。

俗にいう「責任」というやつだ。

このケース、

お客さんが激怒したとき、だいたい気絶していた。

ここでいう「気絶」とは、

心のシャッターのことだ。

もちろん不快な思いをさせて申し訳ないという気持ちはあるが、

そこは冷酷になりきり、

心のシャッターをガラッと閉じる。

気絶

クレームがつくような商品を提供したことには、

全身全霊で謝罪をするが、

怒りに関していえば、

こちらでコントロールできないもの。

言いかたを悪くすると、

怒る怒らないは、

完全なる自己責任であるので、

自分には関係がない。

関係がないことに、いちいち傷ついていたら体が持たないので、

怒られることに関しては、何も感じないようにしていた。

「クレームの内容」と「怒りの感情」は別問題。

怒りに対しては、

他人事だと割り切って、

瞬時に「気絶」して身を守るのだ。

(自分の責任で怒らせてしまったら、そりゃ誠心誠意をもって謝るよ)

Stunned(2019)

zukisuzuki – Stunned
  • コンセプトは”気絶”
  • シンセサイザーを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Neverending Riser”と”Electro Lazer”と”Waterfaller”

Daily Memo

Age Factory – See you in my dream

メインのフェスに出てるのは邦ロックのダサいバンドばかりだし、最近は海外志向のバンドが真新しいみたいですけど、それじゃ日本で生まれてバンドをやってる意味が全然分からない。そのでっかい2個以外の(シーンの)先頭を単独馬で走りたい。「流行とか関係無い」と言ってる人より、もっと流行と関係ないので。例えば、エレファントカシマシは日本人でしか出来ないバンドじゃないですか。

Age Factoryの存在価値

【引用】SPICE

Update

【#152.フラットコミュニケーションスランプ】“人見知り“という性格自体は別に嫌悪感はなく、何でもかんでもその言葉で済ます、便利ワード感に嫌気がさしていた

【妥協日誌】ズキスズキの「1日の行動・しらべごと・欲望」を記した平凡な記録