知ってもらえる可能性を上げている【#205.Suddenly】

zukisuzuki

妥協記録

モノを買うときは、

欲しいときにすぐネットで注文している。

欲しいものは機材や洋服などの日用品ばかりなので、

浪費癖はないほうだ。(酒をのぞいて)

実際に現物を見ないで買うので、

失敗もよくある。

現物を見ないで買うという、

原因があるぶん、

失敗してもダメージは少ない。

始まり

環境が変わると、

付き合う人も変わる。

4月にフリーランスになってから、

ありがたいことに、

新しい出会いに恵まれている。

その出会いのきっかけといえば、

すべて営業メールからである。

知ってもらえて、ようやく始まりだ。

自爆

突然メールを送ることに、

最初は躊躇していた。

こんなわけわからん奴から連絡きても、

相手にされるわけないだろう、

と決め込んでいた。

しかし、

自分から動かなければ、

一生存在を知ってもらえない。

ぼーっと考え、

もしや「知ってもらえない可能性を上げているのは自分ではないか?」ということに気付いてからは、

タガが外れたのごとく売り込みをしている。

一日一日、

知ってもらえる可能性を上げる。

Suddenly(2019)

zukisuzuki – Suddenly
  • コンセプトは”ヤケクソ”
  • ドラムを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • ドラムは”Brooklyn”
  • シンセサイザーは”Steppy Builder”と”FM Builder”と”Machines In Harmony”

Daily Memo

井上陽水 – 最後のニュース(Remastered 2018)

この頃ね、こういう年齢になってくると『傘がない』っていうのが、僕らがさしている傘がないっていうだけではなくてね、もう少し広がった感じのように聴こえだしてきたっていうか、思えるようになってきたというか。こうして暮らしていると、全部満足のいくような状況じゃ当然ないわけで。大きないろんなものを象徴している傘なのかなって時々思えるようになってきたんですよ

井上陽水、ライブのMCに対する考え方の変化明かす「羞恥心が摩耗してくるんですよね」

【引用】Real Sound

Update

【#153. Judgment】新しいことを始めたときは、必ずと言っていいほど、どデカイ壁にぶち当たる

【妥協日誌】ズキスズキの「1日の行動・しらべごと・欲望」を記した平凡な記録