懐かしさという財産を増やしている【#262.Long Journey】

zukisuzuki

妥協記録

音楽に魅了されて、かれこれ20年が経とうとしている。

好きかと問われれば好きだし、嫌いかと問われれば嫌いではない。

音楽が好きかなんて問われることがなければ、好き嫌いについて特別考えることもない。

恵まれた環境に身を置いているからこそ、創作に打ち込めているので、

嫁(仮)に今すぐやめろと言われればやめるし、言われなければギターが弾けない身体になっても曲作りをする。

音楽とはそんな距離感である。

山崎邦正から月亭方正になった僕が思う幸せ【Kindai Picks】

懐かしさは財産

音楽のいいところは、誰でも気楽に創作できることである。

曲を作ることはもちろん、

iTunesやYouTubeなどで自ら選曲したプレイリストも、あなたの立派な創作物である。

32歳にもなると、

バンド活動を辞めてしまったバンド仲間の数は年々増えていく。

やりたくなったら気楽にやりゃいいし、

辞めたくなったら気楽に辞めりゃいい。

やり続けているということは「懐かしさ」という財産を増やしているにすぎない。

懐かしいことが増えれば増えるほど、年齢を重ねることが楽しみになるのだ。

【Keywords:長旅・終わりのない・突き進む・休んだり・また動いたり・無理なく・またやればいい・今からでも】

Long Journey(2019)

※ ただいまSpotifyの配信再開申請中です

  • コンセプトは”ロングジャーニー”
  • シンセサイザーを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Infinite Drone”と”Glitching Beat Machine”と”Kalimba Morph”と”Analog Spheres”と”Titanic Waves”
  • シンセベースは”Subby Bass”
  • シンセベルは”Soft Synth Bells”
  • リズムマシンは”Beat Machine GB”

Daily Memo

MOTHER(Sound Track)- SMELLES AND TEARS(DEMO TRACK)

鈴木:音楽を作ることが、作れなくなってしまった人に対しての回答かな。人が亡くなったり、でかい地震が起きたり、そういうことがあると、曲を作るんです。「できることはこれだけでございます」って。

「もう時間がない」創作意欲が増し続ける鈴木慶一が語るワーハピ

【引用】CINRA.NET

Update

zukisuzuki BGMチャンネルでは、商用利用可能なオリジナルBGMをアップしています。著作権フリーですのでYouTube素材、作業用BGMなど自由にご利用ください!【zukisuzuki BGM YouTube チャンネル登録お願いします】