子どもと大人の「おいしいところどり」【#270.Childhood】

zukisuzuki

妥協記録

ひとりでの作業は性に合っている。

好きなタイミングでやりたいことができるし、飽きたら好きなタイミングで辞めることができる。

モチベーションと作業時間のタイムラグがないし、完成形もほぼ思い通りにできるし、創造を妨害するストレスもない。

自分勝手にわがままに、やりたい放題やるこの感じ、

まるで幼少期と同じ感覚である。

だが大人は大人なりに楽しいことがたくさんある。

子どもと大人の「おいしいところどり」をしなくては。

循環サイクル

子どもの楽しさが「自分勝手にわがままに、やりたい放題やる」ことだとしたら、大人の楽しさは「他人との協調性」にある。

自分のキャパシティの範囲内で、やりたい放題遊んでいても、いずれは飽きる。

「飽き=退屈・不満」だ。

飽きないためには、キャパシティを広げなければならない。

キャパシティを広げるためには、自分の想像を超える「刺激」が必要であり、その「刺激」は他人の価値観で得ることができる。

広げたキャパシティで「子ども」になるのが目的なので、

他人の価値観ばかり学んで「大人」ばかりやっていたら、ストレスが溜まり目的を見失いかねない。

交互に繰り返し、飽きないように循環させる。

自身にとってはバンド活動が「大人」でBGM制作が「子ども」。

退屈・不満を浄化する、循環サイクル。

このサイクルを見つけてから、より充実した時間を過ごせている。

【Keywords:幼少期・ときめき・遊び・記憶・コントロール・何も知らない・知る由も無い・怖いもの知らず】

Childhood(2019)

※ ただいまSpotifyの配信再開申請中です

  • コンセプトは”幼少期”
  • シンセサイザーを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Dream Voice”と”Rippling Waves”
  • シンセベースは”Subby Bass”
  • パーカッションは”Kalimba Morph”
  • リズムマシンは”Boutique 78 GB”と”Boutique 808 GB”

Daily Memo

東京事変 – 能動的三分間

椎名:楽器も歌も頭や意思でコントロールせずに、体を通してみて、そういうふうに「鳴っちゃった」「声が出ちゃった」っていうところに到達したかった。その為には、とりあえず、どんなこともやってみるべき。あらゆる可能性を試してみることが大事かな、と。

 東京事変 アルバム『スポーツ』インタビュー

【引用】excite music

Update

zukisuzuki BGMチャンネルでは、商用利用可能なオリジナルBGMをアップしています。著作権フリーですのでYouTube素材、作業用BGMなど自由にご利用ください!【zukisuzuki BGM YouTube チャンネル登録お願いします】