素直に受けとめることが苦手である【#294.Straight Man】

zukisuzuki

妥協記録

「素直」って素晴らしい。見たものを見たまんまに受けとめる。

“メロンソーダ”をメロン味のソーダだとおもって飲む。”俳優さんの演技”に感動をする。アイドルの”恋人いません”発言を鵜呑みにする。

そんな素直さに嫉妬を覚えるほど、素直に受けとめることが苦手である。

例えば”メロンソーダ”。

どギツイ着色料でどうみてもカラダに悪い。それを”あえて飲む”という「悪いことをしてます感」に浸れる飲みもの、という認識である。

例えば”俳優さんの演技”。

映画での素晴らしい悪役演技を観たあとに、ヒョコッと和み系のCMに出演している姿を見ると「ウラの顔を持っている悪役にしか見えない」というクレームを受けていないか心配になる。

例えばアイドルの”恋人いません”発言。

こんな容姿端麗の女の子は、素敵な恋人がいて当然だろうと。恋人がいなくて嬉しいという気持ちがわかるが、恋人をつくるな!という気持ちは理解に苦しむ。(彼氏発覚でファンをやめるだなんて思いやりのないファンだなと思う)

あれ?

こっちはこっちで楽しいな。

森博嗣が考える、「面白い生き方」をするためのヒント【ビジネスジャーナル】

【Keywords:まっすぐ・素直・ストレート・邪念・煩悩・貪欲・視野】

Straight Man(2019)

zukisuzuki – Straight Man
  • コンセプトは”まっすぐな男”
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • ベースプリセットは”Fingerstyle Bass”
  • ドラムキットは”Four on the Floor Kit”
  • リズムマシンは”Indie Disco GB”
  • ギタープリセットは”Ringing Tremolo”と”Cheap Studio Time'”と”Classic Rock Hall”と”Custom Cabs”と”Surfin’ in Stereo”と”Broken Up Brit”

Daily Memo

ザ・クロマニヨンズ – ナンバーワン野郎!

甲本 なんかね、音楽的な高見を目指す気は最初からないわけで。そのとき、その日が楽しければいいわけで。

ザ・クロマニヨンズ インタビュー

【引用】DONUT

Streaming

【最新作】16枚目のインスト集『Easy Works Music XVI』が各種ストリーミングサービスで配信中です!【Spotify / Apple Music

zukisuzuki BGM

【毎日1曲】商用利用可能なオリジナルBGMをアップしています。著作権フリーですのでYouTube素材、作業用BGMなど自由にご利用ください!【zukisuzuki BGM YouTube チャンネル登録お願いします】

potekomuzin Next Live

2019/10/13(金)BANAFES2019【共演】Burgundy / 或る感覚 etc 【potekomuzin Web Site】