予想通りと予想外。どちらにしても面白くない【#306.Tingle】

zukisuzuki

妥協記録

自分の思い通りにいかないことがよくある。

逆に、自分の思い通りにいくことも同じくらいよくある。

この2パターン。真逆なフリをして抱く感情はほぼ似ている。

どちらにしても面白くない。

「めんどくさい」は「作業興奮」でやっつける。練習場に足が向かないときは、“とにかく始める”のがコツ!?【みんなのゴルフダイジェスト】

どちらにしても面白くない

曲作りにおいても、

予想がつかないことに対して、面白味を感じたり興奮したり刺激を受けたりする。

その一方で、予想外すぎて方向性を見失うこともよくある。

奇跡が起きて、それはそれで面白いものが作ることができれば上出来なのだが、毎回うまく転がるわけでもない。(最低最悪な場合も多々ある)

むしろ、

失敗を経験したことによって、冒険をしなくなる危険性がある。

これは、個人的には一番避けたい。(失敗を恐れてアイデアを発信できなくなったら、それは曲作りをやめるときである)

ワガママに言えば、

作り手の希望として「予想通り : 予想外 = 9:1」くらい。

もちろん予想外なことを受け入れる『姿勢』ありきの話なのだが。

Tingle(2019)

zukisuzuki – Tingle
  • コンセプトは”ぞくぞく”
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • リズムマシン【Boutique 808】
  • シンセサイザー【Classic Brass Pad】【Fuzzy Pluck Lead】【Real Fake Santur】【Short Worm】【Celestial Organ】【Hold And Dissolve】
  • ギタープリセット【Warble Drive】【Ghost World】【Wah I Am】【Clock Tower Trance】