アピールする【#322.Appeal Time】

zukisuzuki

妥協記録

コンテンツの消費スピードは年々速くなっている。

ちょっとでも存在を知ってもらえるように、知ってもらった人にはたまに存在を思い出してもらえるように、

毎日ネット社会に参加している。

アピール

矢沢永吉さんのテレビ出演や、

向井秀徳さんの下北沢路上ライブなど、

存在そのものがバズ対象になる大物はさておき、

何が当たるかわからないネット社会では宝くじを買うかのごとく、毎日の露出頻度を高めることが大事である。

露出頻度を高めると、名前を知ってもらう人や、音楽を聴いてもらう人が増える可能性が上がる。

そもそも一度YouTubeでMVを観たくらいの人は、存在すら忘れているだろう。(コンテンツを知る機会が増え、ちょっと世間を賑わせたものですら忘れてしまう世の中である)

存在を思い出してもらうためには、もはや平泳ぎの息継ぎのごとくTwitterなりYouTubeなり顔を出さなければ。

Appeal Time(2019)

zukisuzuki – Appeal Time
  • コンセプトは”アピールタイム”
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • ドラムキット【Dirty Jungle+】
  • リズムマシン【Big Room】
  • ギタープリセット【Echo Studio】【Brit and Clean】【Chicken Pickin’】【Clean Room】【Echo Stack】
  • シンセベース【Heavy Wobble Bass】【Subby Bass】
  • シンセサイザー【Lunar Chords】【Tiny Pluck Box】