ダメ出しという言葉を使う【#324.Unfortunate Meeting】

zukisuzuki

妥協記録

反省会はあまりしないが、残念会はよくしている。

反省会はダメなところを改善していくことが目的だが、

残念会はいいところを再確認することが目的である。

傷の舐め合いと非難されることもあるが、冷静に考えると傷だらけの状態では戦えない。

ダメ出し

ダメ出しという言葉が嫌いである。

おそらくこの言葉の響きのせいで、才能の9割は伸び悩んでいるとおもう。

本来は「改善」という意味で使われるはずが、

文字通り、苦手なことを人並みにするという目的で使っていることが多い。(努力の履き違え、間違った努力への道まっしぐら)

なのでダメ出しという言葉を使っている人間は、基本的に信用しないことにしている。

そのかわり、

いいところを伸ばす「改善」という言葉を使う人間は信用している。

いいところを伸ばすために、あれこれ修正点を考える。

とても自然な教育だ。

人より優れているところで勝負しなければ勝てるものも勝てない。

私でいえば、曲づくりが好きで、多作であることを武器としている。

人が簡単に真似できないほど圧倒的な数を量産することで、人気者たちと戦うことにしたのだ。

Unfortunate Meeting(2019)

zukisuzuki – Unfortunate Meeting
  • コンセプトは”残念会”
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • リズムマシン【Liverpool+】
  • ギタープリセット【Tremolo Tweeder】【Country Gent】【Dueling Cabs】
  • ベースプリセット【Crunch Cab】
  • シンセベル【Liquid Wires】
  • オルガン【Organ In The Wind】