#101.今日のごはん

potekomuzin

妥協記録

最高だがくたびれる瞬間、

時間を忘れるほどの集中力を使い果たし、

顔が一気に老ける。

もう一回だけと、

挑戦してはその泣きの一回に、

奇跡的なマグレがやってくるはずもなく。

今日の俺はこんなものだと、

諦める。

今日はこんな俺でも、

自宅でおいしいご飯を食べて、

面白いテレビを見て、

明日に備えて切り換える。

マグレがやってこないとき、

地味で、

もやもやとした、

そんな日々を過ごす。

今日のごはん(2014)

potekomuzin – 今日のごはん
今日のごはん

最高だがくたびれた
俺は退屈など無縁のように
体内時計は不規則
俺は誰かが操作しているものだと

平和にただ時は流れ
俺が遠目に見た夕闇はとうに...
頑丈な壁に的を絞り
派手な音を響かせる
あともう一回

どうせ帰ったら帰ったでいつも
本音は帰ったら帰ったでいつも
退屈はしない
遊びに困らない
コンテニューしたい
また続きから

今日のごはんは何かな?
今日のテレビ何やるかな?
  • ディストーションをかましてのギターバッキングは当時珍しい(普段のバッキングサウンドはオーバードライブ)
  • 冒頭のリフは、コード感を混ぜつつ昔の自分がねちっこく絡まってくるようなイメージ
  • コンセプトは”目的もないのに狂ったように毎日遊んだ小学生時代の放課後
  • 狂ったように毎日曲作りのことばかり考えている現在(2014年当時)を重ね合わせた歌詞となっている
  • ギターソロの雰囲気は奈良のロックバンド”lostage”の2nd ALBUM「DRAMA」や大阪のロックバンド”and Young…“などを参考にしていた
  • 録音・Mixエンジニアは”Mannish Recording Studio”石川康隆氏
  • マスタリングは”ピースミュージック”中村宗一郎氏

Daily Memo

lostage – MIND JIVE / 手紙

後藤:五味くんは自分のなかで「?」がついたことに向かっていくじゃないですか? そういう姿は見ていて勉強になるんです。彼がイチイチ自分で調べてぶつかっている「壁」を見て、僕らミュージシャンの学びになっているから、すごくいいと思いますよ。

8otto×後藤正文×五味岳久 未来世代のために語る音楽と生活の話

【引用】CINRA.NET

Update

【#169.March】集団をまとめようとしたり、足並みを揃えようとしたり、他人を思い通りにコントロールするには無理がある