#102.No Touch

potekomuzin

妥協記録

基本は、

ノータッチのスタンスである。

よっほど方向性がズレていたりしない限りは、

人任せしたら、

任せっきり。

最初にコンセプトを伝えてある程度共有できたら、

あとは口出しはしない。

基本、

ノータッチのスタンスであるという、

キャラクターを作っているが故に、

俺が口を開いたときは、

意見が通ることが多い。

地理など、

無知なことに関しても、

基本的に口を挟まない。

親の後ろに隠れた子供のように、

全て頼る。

俺が口を開くときは、

あくびをする時くらいだ。

追記(19/5.17)

省エネを心がけている。

省エネ体質。

エネルギーは有限だ。

モノづくりとは、

いろんなものを吸収して、

自分の感性のフィルターを通して、

吐きだす行為だ。

フィルターの掃除にもエネルギーがいるので、

余計な雑念はなるべく減らさないと、

掃除すること自体が目的になってしまう。

偽りの達成感に酔うことだけは避けたいね。

No Touch(2014)

potekomuzin – No Touch
No Touch

基本ノータッチのスタンス
  • コンセプトは”混沌”(今聴いたら混沌すぎて驚く)
  • 混沌をポップに聴かせる
  • 長野のロックバンド”OGRE YOU ASSHOLE”をよく聴いていた
  • ギターはフレーズの断片が徐々に増えていくアレンジ
  • 最終的に音の塊となるような構造
  • 鬼のギターダビングはこの曲から始まる
  • 録音・Mixエンジニアは”石川康隆”氏(Mannish Recording Studio)
  • マスタリングは”中村宗一郎”氏(ピースミュージック)

Daily Memo

OGRE YOU ASSHOLE – フラッグ

出戸:リズムもピッチも全部揃えた音楽を聴くと、何も味がしないご飯を食べてるみたいに感じるんですよね。ズレがあるから味が出るというか。全部本当に上手いことやると、たぶんそういう味が薄くなりますよね。そういう味を出しつつ、上手い演奏をする人ももちろんいるんでしょうけど、僕らはもっと事故的になっていると思います(笑)。

OGRE YOU ASSHOLE、屈指のライブ力の秘密を音響チームと語る

【引用】CINRA.NET

Update

【#173.Misunderstanding】仕方ないと思わせる行為は、早い者勝ちに通じるものがある