人は慣れる、すぐ慣れる【#126.時が来た】

potekomuzin

妥協記録

人は慣れる。

いい意味で。

なのでイメチェンをして、

人にあれこれ言われようがこれが”最近の自分だよ“と、

堂々としていれば、

問題ない。

最近ヒゲを伸ばしている。

イメチェンという意識はないのだが、

20代はヒゲの濃さがコンプレックスでもあったので、

30代はそのコンプレックスを逆手にとってみようと、

思いつきで試している。

飲食業のアルバイトも辞めたことだしね。

まだまだ試行錯誤の途中ではあるが、

ヒゲの育成も一つの趣味となった。

こういうとき「時が来た」と叫びたい。

時が来た(2011)

potekomuzin – 時が来た
時が来た

回を重ねるごとに無くなる違和感
共通点を見つけたがる欲しがる
頑張る姿勢に若干困惑

あなたにとってつまらないことが
僕にとって面白いこと
さんざん笑って死んでった男の背中を
見るのもおしまい

だって気になるお年頃
最近どう?
人間が人間に恋をする
決まってのお約束

時が来た
  • ポテコムジンを始めるにあたってコンセプトとなった代表曲
  • 「無機質・グルーヴィ・ポップ」の要素が詰まったバンドをやろうとして制作
  • スカッとするキメも取り入れたので演奏するときは気持ちが良い
  • ロックンロールビート+ファンクビート
  • 録音場所は今は無くなってしまったライブハウス「下北沢屋根裏」の真上にある”スタジオ屋根裏
  • 録音・Mixエンジニアは、当時下北沢屋根裏に出演していたときにPAスタッフとしてお世話になった”大久保雄一“氏
  • CDジャケットのアートワークを手掛けてくれたのはpotekomuzinのベーシスト”マツイヒロキ”の実姉(ベスさん)である

Memo

potekomuzin – 時が来た(2010)
  • ポテコムジンの記念すべき初音源
  • ポテコムジン結成前に作った”鈴木デモ”に収録されていた曲
  • アートワークはズキスズキ

”さんざん笑って死んでった”という歌詞は前バンドの曲名から引用。オリジナルはネットには上がっていないが、ベルリンペンギンレコード五十嵐くんによるカバーがsoundcloudで聴ける。とても素敵。

Update

【#187.Souvenir】おみやげを買う習慣がない。モノに執着しない性格が関係しているのか、これをもらって嬉しいだろうか?という、小さな疑問が発生してしまう