安堵する瞬間なんて【#146. Ando】

zukisuzuki

妥協記録

安心、安堵とはえらくかけ離れた状況にいる。

フリーランスのこの状況に自ら追い込んでから、

なんでもやる“が口癖になった。

理想の生活、

やりたいことをやる時間を最大限に確保するには、

環境を変えるしかないと改めて実感している。

(生活費は減らして、飲み会は減らして、アルバイトは減らしてor辞めて、税金もちゃんと勉強して、、、)

何でもやると決めてから、

出てくるアイデアに対して、

従順にスピーディーに行動しているので、

1日があっと言う間だ。

超売れっ子である、

我らが”内村プロデューサー”こと、

“ウッチャン”こと内村光良氏は、

いまだに安心したことがない」と、

恐ろしいことを言う。

内村光良は語る、「老い」と「家族」と向き合う日常を。

安堵する瞬間なんて、

トイレが間に合ったときだけで

充分かもしれない。

 Ando(2019)

zuksuzuki – Ando
コミカルなものはマイナー調のものよりも
時間がかかるなという印象。根っこの問題か。

Daily Memo

安藤裕子 - のうぜんかつら(リプライズ)

安藤裕子さんのアルバム"Merry Andrew"
を愛聴していた。優しいんだけど影がうっ
すら見える女性の歌声が好き。

安藤裕子、15周年を経て
たどり着いた新生への想い

作ってた頃の自分にもう共感できない
という感覚、すごくよくわかる。

Update

【#121.前途多難】妥協を繰り返して生きている

【#221.Recovery】徹底的に自分に甘くするようにしている