妥協を繰り返して生きている【#121.前途多難】

potekomuzin

妥協記録

妥協を繰り返して生きている。

妥協をしながら少しずつ前へ進んでいる。

進む速度は”うさぎとかめ“に出てくる”“くらい。

これだけ妥協を続けられるということは、

逆にいうと、

トライし続けているということ。

次。

また次。

またまた次。

またまたまた次。

世間的なマイナスイメージの言葉を掲げて、

これからもちょっとずつ前へ進もうと思う。

追記(19/5.23)

理想を掲げることは、

素晴らしい。

人と比べることなく、

自分の中だけで積み上げる目標が定まれば、

もう最高。

妥協記録は目標の868曲まであと700曲。

何でもやらなくちゃわからないから、

やる前に諦めていることを、

一つずつ減らしていく。

前途多難(2011)

potekomuzin – 前途多難
前途多難

立候補者
無論自薦他薦は問わない
満員電車 おやじの割合
前途多難もう
まさかまさかまさかの連続でした
連続ですよ

暗転目下
最善の策しか練らない
楽観的な思考の割合
前途多難もう
お前といると風邪引きそう

一つの歴史の終わりを
目にした時の切なさがまだ消えない
真っ白なライトに身体の自由を
奪われてみたい

折中業者
誘惑にはなかなか勝てない
白昼夢自体
毎度の行い
前途多難もう一休み 
  • 繰り返されるギターリフ
  • ひとクセあるリリック
  • グルーヴィーポップ・ミュージックの礎となる
  • 歌詞をよく読むと、内容はめちゃくちゃポジティブである(勘違いされがち)
  • 「何度でも立ち上がること」「苦労を過去の笑い話に」「最善の策しか練らない」スズキのモットーとも”妥協三カ条”を詰め込んだスズキのテーマである
  • 録音場所は今は無くなってしまったライブハウス「下北沢屋根裏」の真上にある”スタジオ屋根裏
  • 録音・Mixエンジニアは、当時下北沢屋根裏に出演していたときにPAスタッフとしてお世話になった”大久保雄一“氏
  • CDジャケットのアートワークを手掛けてくれたのはpotekomuzinのベーシスト”マツイヒロキ”の実姉(ベスさん)である
  • MVディレクターは”和智 梓未”氏

Memo

potekomuzin – 前途多難(2010)
  • ポテコムジンの記念すべき初音源
  • potekomuzin結成前に作った”鈴木デモ”に収録されていた曲
  • アートワークはズキスズキ

Update

【#180.School Road】記憶に残らない思い出は必要ないと、10代前半のころに誓った。それからは写真を敬遠した

【#520.Sakura】うかつに口を滑らせると白い目で見られかねないのだが