耳障りのいい言葉たち【#193.Pupa】

zukisuzuki

妥協記録

人とは違うことをやりたい、

人とは違う人生を歩みたい、

そう思ってバンドをやり始めたはずなのに、

先人たちの価値観に憧れ、

真似をして、

似たような道を辿ってしまった。

音楽だけできればいい。

金稼ぎは悪だ。

ライブ後の酒さえ用意してくれりゃいい。

耳障りのいい言葉だけを鵜呑みにして、

活動できるほど人間ができていないのでね。

お金を稼ぎたいわけですよ。

昔のロックスターみたいな、

欲望のかたまりで、

生かされているんだよ。

お金持ちになったら

バラ肉を選ぶとき、

値段の安いものを探さず買い物カゴに入れる。

バラ肉を選ぶとき、

値段の安いものを見つけても平常心を保つ。

バラ肉を選ぶとき、

いつもスルーしていた牛肉コーナーも選択肢に入れる。

実家のマンションのローンを支払う。

Pupa(2019)

zukisuzuki – Pupa
  • エレクトリックピアノを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • エレクトリックピアノは”Bright Mk II Blackface”
  • シンセサイザーは”Black Sun”
  • マレットは”Vibraphone”
  • パーカッションは”Orchestral Kit”

Daily Memo

THE BACK HORN – コバルトブルー

菅波 曲作りの段階でよくあるんだけど“あ、これTHE BACK HORNっぽくねぇな、大丈夫?”って言ってた曲が、リリースされてライブでやっていくと、気づけば定番の曲になっていく。それであとから「あれってまさにTHE BACK HORNだよね」って言われるんだけど、作った当初は明らかに違った、みたいな曲は結構多くて。「光の結晶」もそうだし、「シンフォニア」も作った当初は異色だった気がするんですよ。だけど今はライブの代表曲になってるから。

vol.44 THE BACK HORN -20周年-

【引用】音楽主義

Update

【#59. 中級者同盟】これだけ情報が溢れている世の中なのだから、共通キーワードが出てくるだけで、かなりの奇跡なのではないかと

【妥協日誌】ズキスズキの「1日の行動・しらべごと・欲望」を記した平凡な記録