カエルに見習います【#216.Night River】

zukisuzuki

妥協記録

近所に川が流れている。

夏になると、夜風に当たるついでに川辺まで散歩をする。

川沿いには人っ気のない公園があり、

誰もいないことを確認してからベンチに座り、

自然の音に耳を傾ける。

川辺の虫たちは、

夜になると”ギーギー”と一斉に騒ぎ出す。

昼間より存在感のある鳴き声でよく目立つ。

“ギーギー”といったが、

この鳴き声はうろ覚えであって、

“ジージー”かもしれないし、”シャーシャー”かもしれないし、”シェケナベイベ”かもしれない。

このように擬音語は、

テキトーに当てはめても伝わりやすいことばであって、

いわゆる、ことばの”ゆとり”を感じることができる類まれな存在。

日本語の特徴は、他国語よりも擬音語が高度に発達しているという点らしいので、表現の幅はまだまだ伸びしろがありそうだ。

なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか?【MAG2NEWS】

カエル

近所の川には、

虫たちの鳴き声に混じって、

“ゴォーゴォー”

という重低音ヴォイスを解き放つ生き物がいる。

「カエル」だ。

もの凄い違和感だ。

そしてもの凄い存在感だ。

カエルも毎日鳴き続けているのだろう。

主だった理由としては求愛活動らしいが、

天敵に見つかるリスクを背負って、

自分の存在証明として鳴き続ける「カエル」。

カエルに見習って、

自分もブログやツイッターを介して毎日鳴き続けよう。

だってびっくりするくらい忘れやすいんだもの、

“ひと”って。

人は1日のうちに半数以上の記憶がなくなる!?「忘却曲線」を理解して営業に活かそう【ferret】

Night River(2019)

zukisuzuki – Night River
  • コンセプトは”日が暮れたあとの川辺”
  • シンセサイザーを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Dream Sines Pad”と”Sci-Fi Communications”と”Swishy Downer”と”Deterioration”

Daily Memo

サカナクション – ネイティブダンサー

【Minimal Review】
エレクトロとライジングスターとゴッチ(ズキスズキ)

山口 : フォークソングとダンスミュージックを混ぜる研究をしていたんですが、その時に思ったのは、人って違和感に対してリアクションするんですよ。「なにそれ?」って思うことに対して人は反応する。なので、良い違和感というものを徹底的に探し続けました。

音楽家・サカナクション山口一郎に聞いた。インプットとアウトプットと、そのあいだにある重要なものとは?

【引用】GIZMODO

Update

【#117. R.G.R】昨日のことが幻だったかのようにぼろぼろ

【#182.Steel Of Mental】人は自分の気持ちを忘れやすい