また同じ壁に挑もうと企んでいるのだ【#228.Escapism】

zukisuzuki

妥協記録

悔しさで涙が流れるときが、

数年に1回ある。

それは決まって、

自分の無力さを痛感したときである。

バンドのメンバー脱退や解散話、

ツアーの借金やイベント集客。

ショックなできごとはすべて、

カウンターパンチでやってくる。

床に倒れ、

一度はノックダウンするものの、

再び立ちあがり、

上を向くきっかけにもなっているので、

今思えばターニングポイントだったのかもしれない。

人生のターニングポイントは事後的にしかわからない-北野武に学ぶ-【アゴラ】

また同じ壁

ノックダウンしたあとは、

今まで躊躇していたことに、

取り組むようにしている。

新しい風を吹き込んで空気の入れ替えをすると、

新鮮な気持ちを取り戻すからだ。

宅録のDTM環境を準備したり、

バンド以外の音楽を作り始めたり、

アルバイトを辞めて開業したり、

プロモーションに力を入れたり、

すべて壁にぶちあたってからの行動である。

こうして経験値を上げて、

また同じ壁に挑もうと企んでいるのだ。

丸が巨人にもたらした新しい風【Sponichi Annex】

Escapism(2019)

zukisuzuki – Escapism
  • コンセプトは”現実逃避”
  • リズムマシンを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • リズムマシンは”Atlanta”と”Glitching Beat Machine”
  • シンセサイザーは”Rhythmic Resonator”と”Lost Reverse”と”Extraterrestrial Presence”

Daily Memo

Cocco – 強く儚い者たち

Cocco:本当に歌は、何ひとつコントロールできない。運転しにくい車に乗ってると疲れるでしょ。「おいおい、ブレーキ効かないぜ」っていうことをずっとやってきた。だから、文章とか演技は安定するための生活の知恵。

Coccoインタビュー 生きるために見つけたいくつかの方法

【引用】CINRA.NET

Update

【#31.好奇心ゼロ人間】非常に性格の悪いタイプの人間

【#197.Insatiable Heart】「好き嫌い」のジャッジをパスした、生活習慣

【#217.Moth】民家のブロック塀に目を向けると