#100.まぐれ気まぐれ

potekomuzin

妥協記録

型破りと恥じらいの連続。

疲弊しきった先には、

気まぐれなマグレが、

待ってくれている。

バンドの曲は全て、

マグレで成り立っている。

そう断言できるほど、

よくこれ思いついたね“という、

まさかの連続なのだ。

適当と計算によって、

組み合わさる音楽が好きなんだ。

天然で適当にやっただけでも、

経験によって計算し尽くされただけでも、

なんか違う。

組み合わさる音楽が大好きなんだ。

まぐれ気まぐれ(2014)

potekomuzin – まぐれ気まぐれ
まぐれ気まぐれ

緑茶色したプール
とっかえひっかえ
驚愕の事実に動揺
昨日は無かったルール
反対反対
あいつの判断ベリーグッド
賛同賛同

飛び起きたらまばたき
まぐれ気まぐれ
味占めたらニンマリ
まぐれ気まぐれ

ボーイ! ボーイ&ガール&ボーイ
ガール! ガール&ボーイ&ガール
ボーイ! ボーイ&ガール&俺
ガール! ガール&ボーイ&YOU

考えなしに出来たり
まぐれ気まぐれ
苦肉の策ポケットに
まぐれ気まぐれ
  • セブンスコードストローク主体のロックンロール要素を押し出した曲
  • potekomuzinでは珍しいタイプの楽曲
  • モチーフは”ゆらゆら帝国
  • 音の足し算を意識して取り組む
  • サビのコード進行(E7 A7 E C7 B7)がいい
  • 録音・Mixエンジニアは”Mannish Recording Studio”石川康隆氏
  • マスタリングは”ピースミュージック”中村宗一郎氏

Daily Memo

ゆらゆら帝国 – でっかいクエスチョンマーク

坂本「ドラムなんかでも、軽く叩いたほうがいい音で録れたりとか、ギターもちっちゃいアンプで鳴らしたほうが(レヴェル)上げたときに太い音になるんだけど、マーシャルとかで爆音出してガーン!とかやっちゃうと、演奏中はガーッとなってても、録れたのはペラッとしてて

SCOOBIE DO新作発表記念! マツキタイジロウ×坂本慎太郎対談

【引用】TOWER RECORDS ONLINE

Update

【#160. Deja Vu】 “デジャヴ” という言葉をよく使用していたが、どうやら認識違いだったらしい