ポップとは【#112. ポップソング】

potekomuzin

妥協記録

こういうこともあるよね、

とたまに巻き起こるささやかな不運を、

全部”ポップ“だと片付けてしまう。

文句ばっかりのクソみたいにつまらん会話だったり、

愛想が悪いクソみたいな店員の接客だったり、

この世に存在するのは仕方ない。

そのクソさ加減が意外と楽しめることもある。

もっともっとクソ行動をくれ!と欲すると、

行動を起こしてくれたとき、

笑いをこらえきれなくなる。

笑ってはいけないクソ接客“の始まりだ。(場所代も人件費もかからないのでコスパが良い)

面白がれる

基本的に、

クソみたいな奴らと出会ってしまった時、

人間ではなく、

“と認識しているので、

怒りはこみ上げない。(疲れている時とかはやはりたまにイラっとする。睡眠不足は大敵だ)

最近は猿と呼ぶには、

少しひどいかなと思ってきたので、

モンキー“と呼んでいる。

逆に、

丁寧な接客をかましてきた店員さんのことは、

カッコよすぎてキラキラしているので、

スター“と呼んでいる。

面白がれるルートに一歩足を踏み入れることが、

自分にとっての”ポップ“なのだろう。

ポップソング(2013)

potekomuzin – ポップソング
ポップソング

ソフトタッチな口調に甘えすぎ
試されているのはおそらく順応性
それがポップ たぶんポップ

炭水化物を抜くことできません
頭ぶつけても痛がるの面倒くさい
それがポップ たぶんポップ

明日は誰かの誕生日
話すことなくても大丈夫
それがポップ たぶんポップ

ポップな奴らのポップな会話で
お腹の調子が悪い悪い
それがポップ たぶんポップ

明日は誕生日
誰かのお誕生会
  • 使用していたギターアンプは”JC-120
  • 基本的なサウンドは”BOSS DD-20“のショートディレイ(FeedbackゼロでTime20~40secくらい)を掛けっぱなしにしていた
  • 薄くかけることでエッジ感や音抜けが良い音になる
  • いわゆる四分の裏打ちに初めて取り組んだ曲である
  • バンドの方向性を”踊れるバンド“として認識させていこうと位置付けた第一歩目
  • 録音場所は”SOUND STUDIO NOAH吉祥寺
  • 録音・Mixエンジニアは”石川康隆“氏(Mannish Recording Studio)
  • マスタリングは”中村宗一郎”氏(ピースミュージック)

Memo

potekomuzin – ポップソング(2011)
  • こちらは2011にリリースしたDEMOバージョン
  • 録音・ミックスエンジニアは”ベルリンペンギンレコード五十嵐”
  • 順応性“という歌詞を”じゅんおうせい“と歌っている
  • 特別深いワケはなく、この言葉をこの呼び方で覚えてしまっただけである(恥ずかしい)

Update

【#174. Street Festival】2018年に経験したアメリカ公演では、街のフェスティバルで演奏する機会があった