伸びしろがまだまだ【#125.脱カテゴリーの子孫】

potekomuzin

妥協記録

未完成なものに惹かれる。

完成されたものを見ると、

もう終わりが近いのだろうと感じる。

伸びしろがあるって、

ほんと惹かれる。

「型」をズラしていく人の方が生き残れる

完成間近になってまた別の方向性による変化を取り入れると、

未完成で未熟な部分はもちろん出てくるけど、

ただただ惹かれる。

追記(19/5.16)

音楽を探すとき、

新しい出会いを求めるとき、

ジャンルだったり、

◯◯っぽいというヒントが、

新しい出会いの道しるべとなってくれる。

リスナー側の立場だったら、

◯◯っぽい音楽、

という情報をくれたほうが、

どんな音楽か想像ができるし、

関心も持てる。

聴いてもらわなければ何も始まらないもんな。

脱カテゴリーの子孫(2011)

potekomuzin – 脱カテゴリーの子孫
脱カテゴリーの子孫

頂上なら気が気じゃない
敗因だけは明確にしたい
何も干渉せず
ただ黙って見ているのが
正解の場合

体内のアルコール度数と比例して
ありそうでありえない
非日常的瞬間を目の当たりにした

アインシュタイン誘惑のメッセージ
完成間近 崩壊の危機

相次いで誕生した
パチモンに騙された
いい気はしないが別に悪い気もしない
無鉄砲な計画を単細胞君と実行

最後あからさまに修正
わりと恋しい
表情の割にさえない言動
わりと恋しい
  • potekomuzin結成前に作った”鈴木デモ”に収録されていた曲
  • 無機質なコード感を取り入れ始める
  • 当時のバンドサウンドのコンセプトは”機械的な印象を与える”こと
  • ギターのコードストロークは6弦から1弦まで撫でるようにダウンストロークする
  • 録音場所は今は無くなってしまったライブハウス「下北沢屋根裏」の真上にある”スタジオ屋根裏
  • 録音・Mixエンジニアは、当時下北沢屋根裏に出演していたときにPAスタッフとしてお世話になった”大久保雄一“氏
  • CDジャケットのアートワークを手掛けてくれたのはpotekomuzinのベーシスト”マツイヒロキ”の実姉(ベスさん)である

Daily Memo

左右 – カンバセイション

—-他にメンバーを入れて3ピースとかでやろうというのはなかったんですか
花池「なかったです。この2人以上でやると社会になるので、このままで行こうと。」

“こぼれ魂”第80弾 – 左右

【引用】3110音頭

Update

【#171.After The Rain】テレビ番組の”ドッキリ“と仕組みが似ている。