自分ルールで迷わず自惚れるんだ【#124.未来崇高クラブ】

potekomuzin

妥協記録

人に迷惑をかけることない未来ほど崇高なものはない。

自分ルールもまた、

同じくらい崇高である。

これだけ長い時間、

作った音楽が評価されないと、

自分を疑いたくなるが、

自分の曲ばかり聴くほど、

自分の音楽のファンなので、

こんなの作ったけどどう?と、

全世界の人々に提案し続けて、

スルーされたとしても、

自分ルールで迷わず自惚れるんだ。

追記(19/5.14)

数年前、

“さまぁ〜ず × さまぁ〜ず”という番組で、

さまぁ〜ず三村さんが、

大竹さんとの会話の流れでポロっと発した、

バタートーストの話が、

とても心に残っている。

「味が”薄いところ”と”濃いところ”の違いを楽しめよ」

バターが均等に塗られていないトーストが出てきても、

バタートーストの、

味の違いを楽しめと言っていた。

この人すごいって思った瞬間だ。

未来崇高クラブ(2011)

potekomuzin – 未来崇高クラブ
未来崇高クラブ

会議室占拠して
未来崇高クラブ結成
環境の重要性
のちの大いなる教訓
灰色の光景が己の意思をかく乱
混乱するヒヨッコとにらめっこ
自分ルールで迷わずうぬぼれたい

相次いで感じる可能性を
サランラップで包んで
冷凍したまま忘れ去ってしまいそうだ
そうだ!
ありとあらゆる手を使い
順番を操作
解凍は順調順調
  • 仮タイトルは「ダイアン」
  • 気怠さと爆発力のギャップ
  • 後半全編コーラス
  • このアルバム制作時からバンドでのクリック練習を導入
  • 歌詞がお気に入り
  • 歌詞が出てこないとき、”SHERBETS”の「ステファニー」の歌詞を眺めるクセがある
  • 録音場所は今は無くなってしまったライブハウス「下北沢屋根裏」の真上にある”スタジオ屋根裏
  • 録音・Mixエンジニアは、当時下北沢屋根裏に出演していたときにPAスタッフとしてお世話になった”大久保雄一“氏
  • CDジャケットのアートワークを手掛けてくれたのはpotekomuzinのベーシスト”マツイヒロキ”の実姉(ベスさん)である

Daily Memo

SHERBETS – ステファニー

関係ないところで生きるということだね。それがあるべき姿かもしれない。同じ土俵に上がったら収集がつかなくなると思うしね。その中で大事なのは自分が強くなることで、そういうことにものともせず、自分が正しいと思った道を生きていくことが一番大事だと思う。

浅井健一「自分が正しいと思った道を生きていく」

【引用】Music Voice

Update

【#167.City】旅行気分で都会へ訪れる人生を送りたい。もっと言えば、都会へ行かなくてもいい人生

【#546.Momentum】脳みそのメモリも増やしたい