都会に行かなくても【#167.City】

zukisuzuki

妥協記録

旅行気分で都会へ訪れる人生を送りたい。

もっと言えば、

都会へ行かなくてもいい人生。

おもに新宿や渋谷などに、

月に3~4回(以前は月10以上)ほど足を運ぶのだが、

希望としては、年に数回。

ペースとしてはそのくらいがベスト。

もし行く機会があるとしても、

旅行感覚で行けたらいい。

都会に行かなくてもいい仕事環境で、

都会に行かなくてもいい生活。

人生の目標である。

おうち

ライブハウスでイベントのチラシを配ったり、

CDショップへ資料を配ったり、

現地に足を運んでのプロモーションも、

もちろん大事だけど、

それと同時に、

ここ最近、

毎日のネット発信と営業メールに力を入れている。

そしてその効果に、

とても驚いている。

5年前の自分に、

毎日のネット発信と営業メールをやり始めろよと、

伝えることができたら、

都会へ足を運ぶ回数が減るし、

夜はおうちでゆっくり寝れたのに。

City(2019)

zukisuzuki – City
  • 元ネタは「#161.Home Town
  • シンセサイザーを基盤に制作
  • ミックスダウンした音源をスピーカーで出力し、その音をボーカル用ダイナミックマイクで拾って録音
  • ラジカセ録音のようなローファイ感を得ることができる
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Percolating Mercury”、”Pulsing Harmonic Movement”、”Harmonic Tides”、”Scattered Rhythm”

Daily Memo

cero – わたしのすがた

――最後の「わたしのすがた」だけちょっと毛並が違う曲で。アルバムは意外な終わり方をしますよね。
高城 「本編は〈さん!〉で終わって、少し曲間をとって。ボーナス・トラックじゃないけど、違和感があるもので終わるというイメージはありますね。エンドクレジットみたいな感じはあります」

途方もないイマジネーションに満ちた超現実世界

【引用】 CD Journal

Update

【#109.アタリ】わかったふりをすることもなく、“俺はこう思う“と、自然に、自分にとっての当たり前な姿をさらしたい