調布にずっと住んでいる【#161.Home Town】

zukisuzuki

妥協記録

東京都の調布市で生まれ、

幼少期から今なお、調布市内で暮らしている。

調布から出ない理由はただ一つ、

気に入っている“から。

気にいっている理由はいたってシンプルで、

絶妙だから”の一言。

地元民が地元のことを”愛着がある”と熱弁したところで、

よくある話だと一蹴されるが、

調布圏外から引っ越してきた知人が皆、

住みやすい”と口を揃えるあたり、

実際住みやすいのだろう。

都会でもなければ田舎でもない、

痒いところに手が届く感じが、

調布なのだ。

たまらない

調布といえば、

ゲゲゲの鬼太郎“の街である。(水木しげる先生が生前に暮らしていた街)

しかし、

今では妖怪がはびこるほどのオンボロの建物も見かけないし、

ましてや田舎ほど立地が不便なわけではない。

新宿、渋谷などの都会には電車で約30分で行けるので、

むしろ便利だ。

駅周辺でも都会ほどの人混みがないので、

雑踏で気が滅入ることもない。

人混みがないどころか、

駅から5~10分歩くだけで、

森や畑や川などの緑豊かな光景を、

目の当たりにできる。

静かに流れる川を眺めながら開ける缶ビール。

散歩好きにはたまらない街だ。

Home Town(2019)

zukisuzuki – Home Town
  • エレクトリックピアノのメロディを基盤に制作
  • 主旋律のエレクトリックピアノはLogic”Bright Suitcase”、”Wide Suitcase”、ハモりは”Wurlitzer Classic”を元にサウンドメイク
  • 副旋律のピアノはLogic”Steinway Grand Piano”を元にサウンドメイク
  • マレットはLogic”Vibraphone”に薄くトレモロをかけたもの
  • イントロなどに出てくるシンセサイザーはLogic”Glass Sky”

Daily Memo

生活環境が整っていることに加えて、そこに住む人たちの街や家族を愛する心が、この街の暮らしやすさを支えているようです。この街を歩くと、住む人のたくさんの笑顔があり、活気を感じることができます。緑も多く、昔ながらのお店もお洒落なお店も集まる「今キテいる街」。それが調布でした。
「今キテる街」は、地元の楽しみを考える街・創る街、調布!
【引用】cowcamo MAGAZINE

Update

【#100.まぐれ気まぐれ】バンドの曲は全て、マグレで成り立っている