“運動”の優先順位は低い【#163.Unrest】

zukisuzuki

妥協記録

日常生活において、

“運動”の優先順位は低い。

人間の三大欲求は一般的に「食欲」「睡眠欲」「性欲」だと言われているので、

“運動”はやらなきゃ死ぬというほどではない。

やはり

食欲、、。

確かに空腹のままでは何をするにも支障がでる。

曲制作をしていても、

頭の中が”メシ”のことでいっぱいになり、

集中力が続かないしアイデアも浮かばない。

やはり「食欲」は強すぎる。

睡眠欲、、。

確かに寝不足のままでは何をするにも支障が出る。

曲制作をしていても頭の中が”ネガティブイメージ”でいっぱいになり、

集中力が続かないし、

未来のことだとかどうでもいい心配事しか考えない。

やはり「睡眠欲」は強すぎる。

性欲、、。

確かにムラムラと興奮したままでは何をするにも支障が出る。

曲制作をしていても頭の中が”四つん這い”でいっぱいになり、

集中力が続かないし、基本PC作業しているため脱線スピードも速い。

やはり「性欲」は強すぎる。

見直し

運動“の優先順位は、

やはり低かった。

作曲作業はPC前でのデスクワークが多いので、

身体がコチコチに固まらないよう、

散歩中のランニングや休憩中の腕立て伏せなど、

意識的にやるよう心掛けているのだが、

毎日ムリのない量で運動を続けたら、

食べ過ぎてもお腹に肉がつきにくくなり、

お酒を飲まずとも寝つきが良くなり、

ムラムラした時のムダ撃ちがなくなった。

運動”の順位、

上位に迫ってきている。

Unrest(2019)

zukisuzuki – Unrest
  • ピアノを基盤に制作
  • ピアノはLogic”Steinway Grand Piano”を元にサウンドメイク
  • シンセサイザーは主旋律がLogic”Chrome Cascades”、バックトラックが”Old Robot Factory”、効果音が”Autofocus
  • コンセプトは”不穏な空気”
  • ロックバンド”uri gagarn”の楽曲”Lion”に出てくる不協和音コードに影響を受ける

Daily Memo

uri gagarn – Lion

Kawamura : Bunkyoがよく言ってる「遅いけど速い」とか、「速いけど遅い」、みたいな感覚がにじみ出るようになっていればいいかな。
Bunkyo : 抽象的だけど、対極のものがひとつになってるというか、そういったあいまいな感覚も表現したいなと。ぼやけているけどはっきりしているみたいな。

INTERVIEW : uri gagarn(Bunkyo、Kawamura)

【引用】OTOTOY

Update

【#51. ルーパーウーパー】ささやかな変化に焦点を当てて、微々たる違いにニコッと微笑む