ブランド【#177.Black Box】

zukisuzuki

妥協記録

弘法筆を選ばず

ということわざがある。

ボールひとつ、

スマホひとつ、

YouTubeひとつ、

それぞれ平等に与えられたとしても、

人によって使い方が違うのでおもしろい。

野球がやりたいひと

サッカーボールを与えられたけど、

野球がやりたい感情を抑えきれない人は、

キックベースをやるだろうし、

スマホを与えられたけど、

野球がやりたい感情を抑えきれない人は、

野球ゲームをやるだろうし、

YouTube見てなさいと言われたけど、

野球がやりたい感情を抑えきれない人は、

プロ野球の名シーン動画を観るのだろう。

ブランド

与えられたモノで、

どう遊ぶかを考える遊び。

小さいころからやっていた。

積み木やレゴやトレーディングカードを使った、

自分だけの遊び、

自分だけのルール。

ブランドってそういうことか。

Black Box(2019)

zukisuzuki – Black Box
  • コンセプトは”ブラックボックス
  • シンセサイザーを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Subaquatic Dreams”と”Classic Syncer”とKnocking Echoes”
  • シンセベースは”Analog Synth Funk Bass”と”Crush Stepper”
  • パーカッションは”Future Junglist”
  • リズムマシンは”Silverlake”

Daily Memo

スチャダラパー – Boo-Wee Dance

Bose:ちょっとずれてる感っていうか、このダサい感じがなんでかっこいいんだろう、みたいな。ヒップホップって、音だけに魅せられたんじゃないんですよ。そういう全体の美学がヒップホップだと思ってるから。なんかその…かっこいいのをかっこよくやってどうすんだよ!みたいな。

スチャダラパーが語る“味”ありきのヒップホップ論「カッコよくするだけだったら誰でもできる」

【引用】Real Sound

Update

【#55. キーポイン】毎回毎回、さあ次頑張るぞと、楽観的でいられないときもある