他のランナー【#227.Marriage】

zukisuzuki

妥協記録

人の成果を「よかったなあ」と喜べるようになるまで、

だいぶ時間がかかった。

口先では「よかったなあ」と発していたかもしれないが、

心から喜べるようになったのは、

つい最近である。

きっかけはおそらく、

他人の目を気にしなくなったときからだと思う。

フリーランスの道を選び、

日々の積み重ねに集中し始めてから、

“他人の成果”と”自分の立場”を比べる概念が薄れてきた。

自分のことに集中できる環境をつくるには、

過去の自分と「数」で勝負するに限る。

他人の成果が気になるなら、自分に集中できていない証拠。【HappyLifeStyle】

徒競走

一日の大半を、

創作活動に時間を注いでいる。

曲作り、ブログ、写真、Twitter、YouTubeなどなど。

創作を中心としたライフスタイルのおかげで、

自分のことに集中できている。

無意識に全力を尽くしているのだろう、

驚くほど他人の目が気にならない。

そういや、

“全力疾走するとき他のランナー気にしないもんな”

と妙に納得した。

時々『全力』出してないと、『全力』の出し方を忘れちゃうよって、小学生が教えてくれた話【書くことは、生きること。】

Marriage(2019)

zukisuzuki – Marriage
  • コンセプトは”祝福”
  • 南海キャンディーズの山ちゃん結婚を祝い制作
  • シンセベルを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセベルは”Digital Rain Drops”と”Glass Bowls”
  • シンセサイザーは”Swell Synth”と”Analog Waves”
  • リズムマシンは”Boutique 909″

Daily Memo

元ちとせ – サンゴ十五夜

何かを考えたり見つめ直したりすること。例えば「何でこの人は平和のことを言っているんだろう」というようなことでもいいんですけど、そのひとつのきっかけになりたいなって思ったんです。

平和への願いを唄で紡いでいく。元ちとせインタビュー

【引用】Wacca Media

Update

【#33. LIFE IS DANCE】憧れのスタンス

【#180.School Road】一生、写真とは無縁の人生を歩むつもりでいた

【#199. Time Travel】いやはや長い思春期であった