あちこちに保険をかけているから【#123.降水確率10%】

potekomuzin

妥協記録

大穴狙いに挑戦しがちだ。

大穴とまではいかずとも、

他のバンドがやってないことをやる、

ということに興味がある。

もちろん最初は真似から入るが、

真似しているうちに、

あれこれ思いつくことがある。

今年は特に他のバンドがやっていないことに目を向けて、

一人勝ちするぞ。

そしてお裾分けするぞ。

追記(19/5.12)

大穴を狙えるのは、

あちこちに保険をかけているから。

高校受験するときの、

すべり止め“みたいな。

本命を支えているのは、

ゴロゴロとある”興味20%“の可能性かもしれない。

仕事にしても、

バンド活動“が大穴で”音楽活動“が本命だけど、

音楽以外で興味ある(現時点で20%くらいの)、

クリエイティブな仕事は、

ゴロゴロある。

もしそちらの道に手を進めたら、

毎日8時間かけて、

20%からグイグイ成長させればいいだけ。

遅いことはない。

降水確率10%(2011)

potekomuzin – 降水確率10%
降水確率10%

超特急で行動しても
間に合いそうにない
過酷な状況を打破すべき秘策は
最高級の最高級の得策

今日は微熱を持ってる
奥の手も期待は持てる
演技悟られないように過ごす術は
薄っぺらいバリアー

降水確率10%の味方になって一人勝ち

Memo

  • イントロのギターリフは1コードで成立している
  • 透明感のあるコード感を出す
  • 流れるようにキメを連発させる
  • 制作当時、曲構成や流れにかなり手応えを感じていた
  • くるりの「すけべな女の子」みたいな曲を作ろうとして制作した(結果全く違うモノになる)
  • 録音場所は今は無くなってしまったライブハウス「下北沢屋根裏」の真上にある”スタジオ屋根裏
  • 録音・Mixエンジニアは、当時下北沢屋根裏に出演していたときにPAスタッフとしてお世話になった”大久保雄一“氏
  • CDジャケットのアートワークを手掛けてくれたのはpotekomuzinのベーシスト”マツイヒロキ”の実姉(ベスさん)である
くるり – ハイウェイ〈Alternative〉

岸田:最初は本気でTHE BEATLESみたいのやりたいと思ってて、でも根本的に何かが間違ってるって本人が気づいた後に、それでもやってる感じがすごい魅力的なんですよ。勘違いした時点で、そのジャンルを作ってるってことですから。

「ロックバンドはみんな真面目すぎる」

【引用】CINRA.NET

Update

【#163.Unrest】“運動”の順位、上位に迫ってきている