ひとの気持ち【#237. Telepathy】

zukisuzuki

妥協記録

“ひとの気持ち”は、当事者にしかわからない。

わからないので自分のモノサシ(考え方や感覚)で、”ひとの気持ち”を推測することになる。

良かれと思ってとった行動が、相手にとっては不愉快だったり、

非情だと思われる行動が、相手にとっては愉快だったりで、

「なにそのパターン!!!」

「知るかよっ!!!」

と、イラッと感じることは少なくない。

イラッと感じることを減らすためにも、

世の中にはさまざまな価値観があり、いろんな考えを持つ人々がいるということを、知らなければならない。

プロフェッショナル執事・新井直之が教える意外と庶民派?世界の富豪たちの知られざる食事情【メシ通】

ひとの気持ちは

人とのコミュニケーションやブログなどのインターネット、エッセイなどの本、仕事やカルチャーを紹介するインタビュー記事などに目を通し、

「そんな考え方もあるのか」と日々学んでいる。

多種多様な価値観にふれることができるので、

”ひとの気持ち”を知るためのヒントとして、とても役に立っている。

日本全国の社長を集めたインタビューサイト【ニッポンの社長】

Telepathy(2019)

zukisuzuki – Telepathy
  • コンセプトは”テレパシー”
  • シンセサイザーを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Airways”と”Boomerang Downer”
  • パーカッションは”Demented Percussion”
  • シンセベースは”Phantom Bass”

Daily Memo

hitomi – there is…

その人がどこの誰とやってるからスゴい、というチョイスじゃなくて、かかわった瞬間に自分が気持ちいいかどうか。その純粋な感覚で、これからも動いていけたらなと思っています。

純粋な感覚で動いていけたら hitomiインタビュー 

【引用】natalie

Update

【#51. ルーパーウーパー】微々たる違いにニコッと微笑む

【#168.Feelings Of Shy】自分で売り込む力がある人は凄い

【#226.Airy】自分の雑魚さを自覚しながらも