弱音を吐くことはあまりないがちゃんと向き合っている【#286.Get True】

zukisuzuki

妥協記録

弱音を吐くことはあまりない。しかし、弱音を文字に書きうつすことはよくある。

自分でも読めないくらいの芸術的な文字で、ダイソーで買ったA6ノート(リングでとめてあるやつね)にサササッと書きだす。

そして、じっくり見つめて、考える…。

時間にしておよそ2〜3分。

頭のなかだけでは整理しきれない「強がり」というモヤモヤを、視覚の手を借りて説得させる。素直な気持ちをハッキリと確認することで、モヤモヤが晴れて、次に何をやればいいのかが見えてくる。

「あれやってみようかな…」パッと出てくる。そして、モヤモヤが晴れているうちにすぐやる。

これが、ズキスズキお決まりの弱音退治の流れである。(今月も退治した)

ちなみに、

このノートは普段、翌日の自分への業務引き継ぎノートとして使用しているが、読み返すことは、ほぼほぼない。

【考えの伝え方】情報を視覚化してみよう!【Goodpatch Blog】

【Keywords:真実・事実・受け止める・逃げる・逃避・すり抜けていく・交互・強さ・弱さ】

Get True(2019)

zukisuzuki – Get True
  • コンセプトは”真実を突き止めた”
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Glitching Beat Machine”と”Distant Air”と”Dystopian Soundscape”
  • シンセベースは”Subby Bass”
  • ドラムキットは”Four on the Floor Kit”

Daily Memo

cero – マイ・ロスト・シティー

高城晶平 : 自分だけのオリジナルの想像力で思い描けるものって、僕には限りがあるというか。それよりかは、映画で人が作った世界とかを見たり、現実の世界を見たり、それらを重層的に見て自分の世界みたいなものがまた少しだけ見える。

鈴木慶一も絶賛する若き才能cero。都市生活を描き出した新作について語る

【引用】ぴあ中部版WEB

Streaming

【最新作】15枚目のインスト集『Easy Works Music XV』が各種ストリーミングサービスで配信中です!【Spotify / Apple Music

zukisuzuki BGM

【毎日1曲】商用利用可能なオリジナルBGMをアップしています。著作権フリーですのでYouTube素材、作業用BGMなど自由にご利用ください!【zukisuzuki BGM YouTube チャンネル登録お願いします】

potekomuzin Next Live

2019/9/13(金)新宿NINE SPICES【共演】akemi / 五味岳久(LOSTAGE) / PAPRIKAN / o.a まさひこと藤村JAPAN(SEMENTOS) 【potekomuzin Web Site】