音楽に惚れた理由を定期的に思い出す【#192.Reconfirmation】

zukisuzuki

妥協記録

10代のときに出会った音楽が好きだ。

最近では、

ブランキージェットシティや、

ミッシェルガンエレファントを、

聴いている。

曲作りに行き詰まったとき、

ヘッドフォンで聴いている。

好きとか嫌いとか、

音が良いとか悪いとか、

演奏がうまいとかヘタだとか、

曲がかっこいいとかダサいとか、

脳みそがそう感じる前に

「なんだこれ?」

と混乱する感じ。

いろいろと経験して、

成長していくうちに、

大事なことを、

見失いがちなので、

定期的に、

音楽に惚れた理由を

思い出さなくてはならない。

洗練

洗練された音楽。

計算しつくされた音楽。

圧倒的な技術を見せつけられる音楽。

音楽をやめたくなるほど、

才能の塊みたいな楽曲は山ほどある。

歴史的名盤だったり、

最新のヒットソングだったり、

真似をしてみるけど、

どうも器用に真似できない。

真似できなかったときにいつも思う。

あれ、何が好きなんだっけ?って。

ビギナー

先日会ったバンドの友人が,

ぽろっと口に出した何気ないひとこと。

「簡単じゃなきゃダメでしょ」

いつもだったら、

“そういう意見もある”くらいで、

受け止めていたが、

なぜかそのときは、

曲作りスランプの影響もあってか、

“なるほど”

と深く突き刺さってしまった。

確かに、

ギターを始めてすぐの中学生が、

簡単にコピーできて、

かっこいい曲だったら、

ギターを弾くのが好きになるもんな。

Reconfirmation(2019)

zukisuzuki – Reconfirmation
  • ベースシンセを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • ベースシンセは”Filthy Slap Bass”と”Acid House Bass”
  • パーカッションは”Asian Kit”
  • リズムマシンは”After Party”

Daily Memo

Thee Michelle Gun Elephant – FREE DEVIL JAM

チバ いや、地方とかそういう問題じゃないんだよ。人が入らないとかレコードが売れないっていうのはそのバンドのパワーがないんだわ。地方は売れないとかよく言うけどさ、全然違うよ。バンドにパワーがあってメッチャいい音楽だって思ってくれる連中がいたら、みんな来るんだから。今の俺らは凄いぞって自信はある。でも入らなかったってことは受け止めなきゃならない。でもそういうことのためにやってるわけじゃない。難しいんだわ。

The Birthday × OLEDICKFOGGY

【引用】LIQUIDROOM

Update

【#127. 遠目かわいい女の子】普段はコンタクトをつけているので生活には支障がないのだが、裸眼の視力は0.01以下であろう

【妥協日誌】ズキスズキの「1日の行動・しらべごと・欲望」を記した平凡な記録