追い込み野郎【#238.Sincerity】

zukisuzuki

妥協記録

今年の三月にアルバイトを辞め、

四月からフリーランスとして働きはじめて早4ヶ月。

収入はまちまちで不安もあるが、それでも淡々と創作活動に打ち込める時間がとてもしあわせだ。

来年の四月までにまともな稼ぎがなかったら、「廃業」という約束を嫁(仮)としているので、ダラダラとサボる理由がない。

サボる理由をなくすには、わがままを言ってでも自分に適した環境を整えることが、とても大事である。

売上を、減らそう。_たどりついたのは業績至上主義からの解放【ライツ社 note】

追い込み野郎

来年の四月までに、平均20万の収入がなかったら定職に就いて稼がなければならない。

それをクリアしたとしても、

868曲作るまでに月収100万円いかなかったら、曲作りを辞めることになっている。

上記の目標を決めた理由は、売り込みの苦手意識をなくすためである。

売り込みなくしては、稼ぐ力は養えない。

音楽を続けたい一心からか、効果は抜群だ。

ホーキング博士が遺した逆境に打ち勝つ思考【東洋経済ONLINE】

Sincerity(2019)

zukisuzuki – Sincerity
  • コンセプトは”誠意を見せる”
  • シンセサイザーを基盤に制作
  • Logic Pro Xプリセットを基盤にサウンドメイク(以下参照)
  • シンセサイザーは”Sci-Fi Communications” と”Subaquatic Dreams”と”Classic Analog Pad”
  • シンセベルは”Delicate Bells”と”Dirty Bells”

Daily Memo

メレンゲ – すみか

クボ:やはりミュージシャンとしては、いくらライブが大事とはいえ音源は作りたいんですよ。それをどう届けるかはきっとどんどん変わっていくでしょうね。もはやCDデッキを持っていない人もいるわけですし。ツールにはこだわっちゃいけないのかなと。

メレンゲ クボケンジがクラウドファンディングを選択した理由「歌モノのシーンを衰退させたくない」

【引用】Real Sound

Update

【#124.未来崇高クラブ】自分ルールで迷わず自惚れるんだ

【#179.Masterpiece】毎日、名曲を作りたいと思っている

【#208.Fake Smile】愛想笑いが上手だなと思いながら